営業研修の企画

階層別営業研修の企画を立てる

階層

階層別営業研修の企画を立てる

階層別研修は、人事制度に基づいて実施される最も基本的な研修です。営業部門の営業職を対象に階層別に実施するのが階層別営業研修です。

新人営業社員研修

新人社員に対して、社会人としての心構えや、ビジネスマナー、営業先で注意すべき事項、 実際に営業活動で直面する、様々なビジネスシーンに対する対応の仕方などを教えます。 会社の中で、営業部門はどのような役割を担っているのか、他部門との連携の取り方などについても理解できます。

新人社員に対する導入教育は、後々の営業スタイルに大きな影響を与える結果となります。 最初に営業の役割、仕事の内容、仕事の厳しさをきちんと理解させておくことが大切です。 講義とロールプレイングの組み合わせにより、 内容を充実させると同時に飽きない研修を実施します。

中堅営業社員研修

中堅社員に対して、チームの中での役割り、先輩社員に対する接し方、後輩社員に対する接し方などを教えます。中堅社員が頑張れるかどうかで、チーム全体の勢いが変わってくる ので、何よりも元気で明るく振舞って、チームを引っ張っていけるような人材に育てることが 最優先です。

中堅社員は新規開拓や業務管理などに関して、最も活躍する段階ですから、それをこなすだけのしっかりとした知識と技術を身に付けることが大切です。自ら率先して問題を発見し て、それを解決していく能力、後輩の指導に当たってのコーチングの技術なども学ぶ必要が あります。中堅社員研修では、責任感と自覚を持たせた上で、 理論とロールプレイングの組み合わせで、確かな知識と技術を学ばせます。

営業管理者研修

経済の低成長が続く時代において、営業チームをどのように意欲づけて、チーム一丸となって、 業務に邁進させるかは、極めて重要な課題です。このような時代には、本当の意味でチーム リーダーの手腕が問われることになります。チームリーダーに必要な能力は、部下ひとり一 人の問題意識や悩み、強み・弱みなどをしっかり把握した上で、強いリーダーシップのもと に問題解決をしていくことです。

管理者研修では、現場で直面する具体的な課題を取り上げて、 その解決方法をシミュレーションしていきます。さらに、チームメンバーの成功事例や失敗 事例を共有化して、チーム全体のレベルアップにつなげる方法などを教えます。

研修技法1
営業研修の効果を高める研修技法Ⅰ

講義法 講義法の特徴 多数の受講者に、明確に重要な知識を伝達できるどこでも簡単に、時間に応じて実施することができる特別な道具や準備が必要ない外部の専門家を講師に迎えれば、すぐに実施できる受講者に刺激を ...

続きを見る

-営業研修の企画