営業アドバイス6

営業アドバイス

研修は地に足をつけて、繰り返し実施することが大切です!

自分が進歩し続けていれば、同じ研修でも新たな発見がある

急成長を遂げたあるチェーンストアの経営者が、面白いことを言っていました。それは、「私は、研修は自分にとって、とても有意義なことだと考えています。だから、時間が許す限り、 できるだけ多くの研修に参加しています。何度も研修に参加していると、同じ講師から同じ話を2度も3度も聞くことがあります。同じ話が2度目だと、以前聞いたからと飽きて 一生懸命に聞かない人がいます。

でも、これは間違いです。自分が以前より進歩していれば、同じ話を2度聞いても、そこ から得ることが前回聞いたときとは違います。3度聞いても、その時は自分がさらに進歩しているので、また新たな発見があります。」

私はこの考え方に100%賛成です。なぜならば、これは本を読むときにも同じことが言 えるからです。良い本というのは、何度読んでも、自分の進歩の度合いに応じて、新たに学ぶべきことが見つかるものです。私自身も、気に入った本は、重要な所に赤線を引いて、 何度も何度も読み返していますが、読むたびに自分の進歩に応じて、最初に読んだときと は違う、新たな発見が必ずあります。

3度目の研修で、より理解が深まったという受講者

当社が年間契約で、経営コンサルティングの一貫として、研修に関しても体系的にお手伝いしている、ある企業では、同じメンバーに同じ研修を繰り返し受講させたいという強い要望がありました。

先日、当社の最人気メニューである「商談交渉力アップ研修」を3度目に受講した受講生の感想文を読んだところ、「今回、講義3回目ということで、かなり習得できたことと思 います。・・・」という書き出しで、1度目よりは2度目、2度目よりは3度目のほうが、 理解が深まったという内容が書かれていました。

研修の中で、自分の担当企業に対する販促提案の企画書を作成させるのですが、実際にそ の受講者の作成した企画書は、1度目の研修のときと比べると、天と地ほどの格段の進歩 を遂げていたのです。

最初は講師としても、まったく同じ研修を複数回受講させることに、 少し抵抗があったのですが、2回、3回と実施しても、そのつど取り上げる担当企業を変えるので、まったく飽きることなく、やればやるほど進歩していくことが、実感としてわ かりました。

本来、研修や訓練というものは、同じ内容を、噛んで含めるように、何度も何度も繰り返 すことによって、効果が倍増するものなのかもしれません。1つの研修を完全に理解してマスターするまでは、 次の研修カリキュラムに進ませずに、繰り返し同じ研修を受講させるというやり方は、と ても効果があります。企業の皆様にも、人材教育は、地に足をつけて、じっくりと取り組 むという考え方を持っていただきたいと思います。

-営業アドバイス

Copyright© 営業知識と営業スキルがすべてわかる , 2020 All Rights Reserved.