営業活動の効率化画像2

営業活動の効率化

営業活動の効率化6

営業活動の効率化には情報が重要である

◆素早く行動を起こす

営業時間の効率を高めている営業社員に共通する特徴は、素早く行動を起こすという 点です。素早く行動を起こすというのは、言い換えれば素早く判断をする、すなわち、 意思決定が速いということです。すぐに決めて、すぐに行動を開始する、違うと思ったら すぐに行動を中止するか、修正します。その積み重ねが、成功をもたらすのです。いつ までも迷い、なかなか行動を起こさない人は、時間をむだにしているのです。

◆仮説能力を高める

意思決定を速めて、素早く行動を起こすためには、何が必要なのでしょうか。最も 重要な要素は、仮説能力を高めることです。意思決定をするためには、判断材料を 集めることが大切です。すなわち、データ収集とデータ分析です。そして、それに 基づいて、仮説を立てることです。何パターンかの仮説を立て、最良の結果と最悪 の結果がシミュレーションできれば、自ずと意思決定することが可能になります。

◆情報収集ネットワークを作る

素早く行動するための第一歩は、データ収集です。高度情報化社会ですから、ある 程度のデータは、Web上からも収集することができます。しかし、本当に重要な 情報は、人間が持っていることを忘れてはなりません。一次情報は、人と人が顔を 合わせることにより収集できるのです。営業社員たるもの、常日頃から社外人脈を 広げておくことが大切です。情報収集ネットワークを作りましょう。

◆気の合う人を大切にしましょう

人が2人以上集まると、気が合うとか、合わないとかいう状況が発生します。営業社 員である以上、仕事上どうしても付あわなければならない人に対しては、無理にでも 合わせる必要があります。しかし、味方チームを結成する場合には、無理に気が合わ ない人とチームを組む必要はまったくありません。気が合う人がみつかったときには、 その人を大切にして、相乗効果を高めていくことが必要です。

◆時代の変化に対応する

営業時間の効率を高めるためには、時代の変化に対応していかなければなりません。 具体的にどのような意味かというと、1つは新しいツールを使いこなすことです。特に、 電子機器は日進月歩の勢いで、性能が向上しています。同じ仕事をこなすのに時間を 短縮できるツールがあれば、積極的に使いこなしましょう。ツール以外にも新しい管理 手法を学んだら、すぐに取り入れるなど、変化に対応していきましょう。

-営業活動の効率化

© 2020 営業知識と営業スキルがすべてわかる