営業活動の効率化画像1

営業活動の効率化

営業活動の効率化1

営業で実績を高めるためには、営業活動の効率化を図らなければなりません。時間は誰にも均等の24時間しかないのですから、いかに無駄な時間をなくして重要な営業活動に時間を割り当てられるかが重要です。ここでは、営業活動を効率化するポイントを10回シリーズでご説明します。

営業活動の効率化のために自分の考えを明確にする

◆営業活動の効率化に向けて自分の理念を明確にする

無駄な時間を排除して、営業効率を高めることは厳しいことです。それゆえ、これから 営業活動を高めようとする営業社員には、理念を持って欲しいと思います。理念とは、 「営業活動を通じて、人の幸せに貢献する」など、何のために全力をあげて営業活動に 取り組むのかという根本的な考え方です。自分で考え、自分の言葉で語った理念を明確 にすることが、営業活動の効率化のスタートとなります。

◆営業活動の効率化に向けてビジョンを持つことが大切である

営業活動の効率化ですから、時間の使い方の話なのですが、その前に聞いていただ きたいことがあります。それは、「ビジョンを持つ」ということです。何のために時間効率 を高めるかということを突き詰めていくと、最終的には夢を実現するためとなります。 時間効率を高めるということは、厳しく自分を律していくことです。夢を実現するためと いう大きな目標がなければ、決して長続きさせることはできないのです。

◆営業活動の効率化に向けて揺るぎない信念を持とう

営業活動の効率化を図るために障害となるのは、自分の回りにいる人達です。たとえ ば、さぼっている人を見れば、さぼりたい誘惑にかられるでしょう。そんなに一生懸命 にやっているようには見えないのに、実績をあげている営業社員を見れば、自分だけ が一生懸命にやるのがバカバカしく思えるかもしれません。このように、他人に左右さ れる弱い気持ちを排除する、強い信念を持つことが大切です。自分は自分です。

◆営業活動の仕事の予定時間は30分単位で立てる

最初に、営業活動の効率を高める時間の使い方の最も核となるポイントを伝授しましょう。 それは、すべての仕事の予定は30分単位で立てることです。10分や15分では短す ぎますし、1時間では長すぎます。30分単位で立てるというのは、全体で1時間かかる 仕事があっても、前半30分で何をやり、後半30分では何をやるかを明確にせよという 意味です。このように思考回路を変えるだけで、時間効率はどんどん高まります。

◆営業活動において明日できることは明日に回す

時間の使い方の下手な営業社員は、何でもかんでも一度にやろうとして、結果的に、 能率を落としていることが多いのが実態です。突出して残業時間が長いのも、仕事が できない営業社員の特徴です。今日やらなければならないことは今日やる。明日でも 構わないことは明日に回す。仕事を区切り、区分した1つ1つの仕事に優先順位を付 けて、今日やることと明日やることをはっきり分けるという考え方が必要です。

-営業活動の効率化

© 2020 営業知識と営業スキルがすべてわかる