営業活動の効率化画像2

営業活動の効率化

営業活動の効率化10

営業活動はプロセスも重視して進める

◆営業活動では複数の仕事を一度に進める

同類の仕事はできるだけ同じ時間に集中して仕上げるというのが、時間効率を高める 基本です。また、戦略とは選択と集中ですから、重要な仕事に絞って集中的に実施す ることが鉄則です。ここでは、敢えて別次元から、重要な複数の仕事を並行して一度 に進めることの重要性を述べたいと思います。別の観点が必要な複数の仕事を並行 して進めることで、思考の幅が広がるからです。それが各仕事に好影 響を与えます。

◆営業活動では遠慮なく他人の良いところをまねる

営業活動の効率を高めるためには、周囲に営業活動を効率的に行っていると思われ る目標となる営業社員がいるのであれば、素直にその人の活動をまねしてみることが 大切です。例えば、朝の出勤時間が他の人よりも1時間早いのであれば、自分も1時 間早く出勤してみます。いつもメモを取っているなら、自分もメモを取るようにします。 信念があれば、いくらまねしても、自分の個性が出るので心配いりません。

◆営業活動は成功、失敗だけで考えない

営業活動を成功、失敗だけで考えたり、勝ち負けだけで考える価値観を変えてみます。 このような考えにとらわれると、上手くいかなかったことをいつまでも引きずってしま います。成功要因、失敗要因、勝因、敗因を分析することは必要ですが、それにとらわ れ過ぎることはマイナスです。営業効率を高めるためには、結果だけでなくプロセスを 楽しむゆとりが必要です。瞬間、瞬間のすべてを充実させることです。

◆社内外において重要度の高い営業社員になる

顧客と会いたいときに、いつでも会える。社内で何かをしようとすると、誰もが協力してくれる。会議では、常に自分の都合を考慮してくれる。このようになれば、時間管理が 有効にできて、営業効率が高まることは確かです。こうなるためには、実績が高いことは不可欠ですが、それに加えて仕事のプロセスにおいて、周囲から好かれ、協力してくれるような人間関係の構築が大切です。重要度の高い営業社員になることが営業効率を高めるゴールです。

◆営業活動において健康は時間管理の基本である

究極の時間管理は、健康な状態を維持することです。極めて当たり前のことですが、 つい仕事に夢中になっていると、忘れてしまいがちです。もっと細かい点までやり遂げ るために、夜遅くまで仕事をする、接待やストレス解消といって深酒をするなどです。 人生は長期戦ですから、体調を崩して入院などすれば、時間効率は一気に悪くなって しまいます。健康で長期的に頑張ることが、最も重要な時間管理です。

-営業活動の効率化

© 2020 営業知識と営業スキルがすべてわかる