代表者紹介

代表者プロフィール

代表者写真

株式会社アクティブ・コンサルティング
代表取締役 岡村憲之

同志社大学経済学部卒業。百貨店、コンサルティングファームを経て、 株式会社アクティブ・コンサルティングを設立。同社代表取締役。特に流通業界において、幅広い分野で経営戦略・販売戦略などに関する経営コンサルティングを展開。

経営戦略、チェーンオペレーションに精通しており、チェーンストア経営におけるトップクラスのコンサルタントとして高い評価を受けている。

東証プライム上場企業を始めとしたチェーンストアに対する経営戦略プロ ジェクト、業務改革プロジェクト、店舗活性化プロジェクト、店長研修、 スーパーバイザー研修、バイヤー研修などに数多くの実績がある。

マーケティングスペシャリストとして、メーカー、卸会社に対する営業戦略の策定、リテールサポート関連の社員研修を数多く実施している。 海外視察の経験も豊富である。流通専門誌の販売革新を始めとして、 ドラッグマガジン、IT&家電ビジネス、ダイヤモンドチェーンストア、電波新聞、繊研新聞などの専門誌や業界紙に執筆多数。

ご挨拶

皆様こんにちは。アクティブ・コンサルティング代表の岡村憲之です。 私は企業にとって、最も重要な仕事は営業だと考えております。 経営の神様と呼ばれるP.F.ドラッカーが、その著書「現代の経営」の 中で、「事業の目的について正しい定義はただ1つしかない。それは顧客の創造である」と述べております。営業こそ、まさに顧客創造の最前線に立つ仕事だからです。

メーカー、卸売業、小売業、サービス業など、どんな企業でも、営業 ほど重要な仕事はないのです。なぜならば、営業力さえあれば、企業は継続して発展できるからです。極端な話をすると、営業力さえあれ ば、自社にない商品でも、世界中から仕入れて提供することが可能です。サービスであれば、他社に委託することも可能です。

その逆に、もし営業力がなかったら、どんなに良い商品を製造しても、1つも売ることはできません。どんなに良いサービスができても、1つも提供することはできないのです。もし仮に営業を他社に委託して販売 したとすれば、極めて経営基盤の弱い、不安定な経営となるでしょう。

企業の経営者の仕事を考えても、トップ営業が最も重要な仕事です。法人営業では、経営者が取引先の経営者と親しい関係であり、太いパイプ を築いていれば、こんなに心強いことはありません。

あなたの企業の素晴らしい商品を広く世の中に普及させるためにも、 営業力の強い企業にしませんか。アクティブ・コンサルティングは、 営業戦略の構築から社員教育まで、営業研修に関するサポートをさせていただきます。