成果があがる、実績が高まる 営業研修なら何でもご相談下さい

営業活動の効率化1 株式会社アクティブ・コンサルティング

営業研修 > 

営業活動の効率化 > 

営業活動の効率化1

営業活動の効率化(その1)

営業活動の効率化(その1)についてご説明します

◆自分の理念を明確にする

無駄な時間を排除して、営業効率を高めることは厳しいことです。それゆえ、これから 営業活動を高めようとする営業社員には、理念を持って欲しいと思います。理念とは、 「営業活動を通じて、人の幸せに貢献する」など、何のために全力をあげて営業活動に 取り組むのかという根本的な考え方です。自分で考え、自分の言葉で語った理念を明確 にすることが、営業活動の効率化のスタートとなります。

◆夢を持つことが大切である

営業活動の効率化ですから、時間の使い方の話なのですが、その前に聞いていただ きたいことがあります。それは、「ビジョンを持つ」ということです。何のために時間効率 を高めるかということを突き詰めていくと、最終的には夢を実現するためとなります。 時間効率を高めるということは、厳しく自分を律していくことです。夢を実現するためと いう大きな目標がなければ、決して長続きさせることはできないのです。

◆揺るぎない信念を持とう

営業活動の効率化を図るために障害となるのは、自分の回りにいる人達です。たとえ ば、さぼっている人を見れば、さぼりたい誘惑にかられるでしょう。そんなに一生懸命 にやっているようには見えないのに、実績をあげている営業社員を見れば、自分だけ が一生懸命にやるのがバカバカしく思えるかもしれません。このように、他人に左右さ れる弱い気持ちを排除する、強い信念を持つことが大切です。自分は自分です。

◆仕事の予定は30分単位で立てる

最初に、営業効率を高める時間の使い方の最も核となるポイントを伝授しましょう。
それは、すべての仕事の予定は30分単位で立てることです。10分や15分では短す ぎますし、1時間では長すぎます。30分単位で立てるというのは、全体で1時間かかる 仕事があっても、前半30分で何をやり、後半30分では何をやるかを明確にせよという 意味です。このように思考回路を変えるだけで、時間効率はどんどん高まります。

◆明日できることは明日に回す

時間の使い方の下手な営業社員は、何でもかんでも一度にやろうとして、結果的に、 能率を落としていることが多いのが実態です。突出して残業時間が長いのも、仕事が できない営業社員の特徴です。今日やらなければならないことは今日やる。明日でも 構わないことは明日に回す。仕事を区切り、区分した1つ1つの仕事に優先順位を付 けて、今日やることと明日やることをはっきり分けるという考え方が必要です。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい






  営業研修の
  お問合わせ

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   営業研修の特徴

・営業研修一覧

・業界別営業研修

・営業研修5大特長

・営業サポート内容

・参加者の感想

   営業研修の知識

・セールストーク

・営業戦略

・営業診断リスト

・営業研修技法

・営業関連の法律

・営業研修用語

   営業研修の要点

・営業管理者の心得

・営業研修の心理学

・営業研修の強化

・営業活動の効率化

・同行営業研修

   営業アドバイス

・営業アドバイス一覧1

・営業アドバイス一覧2

・営業アドバイス一覧3

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・ご挨拶

・アクセスマップ

・ご依頼から実施までの手順


←営業活動の効率化一覧へ

営業活動の効率化2へ→



Copyright © 2009 Active Consulting. All rights reserved