成果があがる、実績が高まる 営業研修なら何でもご相談下さい

営業研修の強化ポイント7 株式会社アクティブ・コンサルティング

営業研修 > 

営業研修の強化ポイント > 

営業研修の強化ポイント7

営業研修の強化ポイント(その7)

営業研修の強化ポイント(その7)をご説明します

◆営業研修の評価

営業研修に参加する受講者は、正解を教えてもらうような気持ちで参加しては いけません。学校の勉強ではないのですから、社会人に正解などありません。 講師の話す内容は、1つの物の見方であり、自分で考えるためのヒントなのです。 したがって、受講者は講師から習ったことを、自分の評価基準に照らしてみて、 自分で答えを考えるのです。覚えるのではなく、考えることがポイントです。

◆営業研修の導入

営業研修の導入の仕方は、とても重要です。事前に受講者に対して、準備をさせ ていたとしても、いざ営業研修が始まるときに、どのように動機づけるかは、営業 研修の成果を左右するほど重要なのです。できれば、経営者や役員に導入の話を していただくことが望ましいです。この場合、営業研修担当者が十分に主旨を説明 しておき、的外れな挨拶で終わらないように、十分に注意します。

◆営業研修の事例活用

営業研修の実施に当たり、営業研修担当者から、とにかく事例を多くして欲しい という場合があります。確かに事例は必要なのですが、事例はあくまでも本質を理解 させるための1つの手段なので、本質を理解させることが目的です。したがって、 事例が羅列された営業研修は面白く感じるのですが、意外に役立たないことも多いの です。必要最小限の事例で、本質を理解できる営業研修がよい営業研修なのです。

◆営業研修の主役

営業研修の主役は受講者です。営業研修の講師と受講者は、営業社員と顧客の関係 に似ています。つまり、営業研修の講師は、受講者にできる限り話させる努力を する必要があるのです。講師は理解度を確かめたり、関心を持たせたりするために 受講者に対して、適度に質問を投げかけます。受講者は、質問されたら、自分の 考えを率直に述べるようにします。営業研修を両者で作り上げるのです。

◆営業研修の応用

営業をはじめとして、すべての仕事には正解はありません。あるのは、成功する 確率が、相対的に高いか低いかを判断することだけです。営業研修では、この 確率を判断する力を養い、判断の精度を高めるための訓練を実施します。したがって、 営業研修で培った能力を使って、実際の営業現場で、営業社員が的確な判断を積み 重ねることでしか、営業成果を高める方法はありません。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい






  営業研修の
  お問合わせ

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   営業研修の特徴

・営業研修一覧

・業界別営業研修

・営業研修5大特長

・営業サポート内容

・参加者の感想

   営業研修の知識

・セールストーク

・営業戦略

・営業診断リスト

・営業研修技法

・営業関連の法律

・営業研修用語

   営業研修の要点

・営業管理者の心得

・営業研修の心理学

・営業研修の強化

・営業活動の効率化

・同行営業研修

   営業アドバイス

・営業アドバイス一覧1

・営業アドバイス一覧2

・営業アドバイス一覧3

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・ご挨拶

・アクセスマップ

・ご依頼から実施までの手順


←営業研修の強化ポイント6へ

営業研修の強化ポイント8へ→



Copyright © 2009 Active Consulting. All rights reserved