成果があがる、実績が高まる 営業研修なら何でもご相談下さい

営業管理者の部下との付き合い方 株式会社アクティブ・コンサルティング

営業研修 > 

営業管理者 > 

営業管理者3

営業管理者の心得3 営業管理者の部下との付き合い方

営業管理者の部下との付き合い方

◆部下の考えを聴くことから始める

営業管理者の仕事は、部下を管理監督することですから、当然に部下からの相談事 も増えると思います。このような時に、営業管理者のほうから、すぐに答えを提示して はいけません。最初に必ずやらなければならないのは、「この問題に対して、君はどう 思う?」とか、「この問題を解決するのに、君ならどうする?」と、部下に聞くことです。 もし、その時に部下が何も答えられなかったら、一度追い返して、「自分なりの解決策を 考えてからもう一度来なさい」と言うべきです。

◆できる限り部下の意見を採用してあげる

問題の解決策で、自分と部下とで意見が異なった場合、もし両案に大差がなければ、 できる限り部下の意見を採用してあげましょう。その理由は、営業管理者と部下との 間で意見が対立したにもかかわらず、営業管理者が部下の意見を採用してくれたな ら、部下にとってものすごくモチベーションが高まると共に、責任重大だと感じてくれる からです。営業管理者の中には、自分の面子を気にする人がいるかもしれませんが、 実際には懐の深い管理者として、尊敬されるようになります。ただし、明らかに部下の 意見が間違っているときは、「君の考えはこの点はよいが、この点に関しては問題が あるので、今回はこの案で実施して欲しい」と、部下を認めながら、自分の案を通す
理由を明確に説明するようにします。

◆部下を詰問しないように注意する

営業管理者の中には、部下が失敗したときなどに、「なぜ、うまくいかなかったのか、 理由を言ってみろ」と、強い口調で迫る人がいます。本人は、部下の考えを聴くことか ら始めているつもりなのですが、実際にはそうなっていないのです。このような聴き方 は、質問ではなくて詰問です。営業管理者が詰問をすると、部下は言い逃れなければな らないと感じて、言い訳を始めます。部下が言い訳を始めると、次に待っている営業管 理者の言葉は、「だから、お前はダメなんだ」です。これでは、何の解決策も出てきま せん。営業管理者は、適正な現状分析ができるように、部下から状況を把握するための 質問をしなければなりません。

人物イラスト1

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい






  営業研修の
  お問合わせ

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   営業研修の特徴

・営業研修一覧

・業界別営業研修

・営業研修5大特長

・営業サポート内容

・参加者の感想

   営業研修の知識

・セールストーク

・営業戦略

・営業診断リスト

・営業研修技法

・営業関連の法律

・営業研修用語

   営業研修の要点

・営業管理者の心得

・営業研修の心理学

・営業研修の強化

・営業活動の効率化

・同行営業研修

   営業アドバイス

・営業アドバイス一覧1

・営業アドバイス一覧2

・営業アドバイス一覧3

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・ご挨拶

・アクセスマップ

・ご依頼から実施までの手順


←営業管理者2へ

営業管理者4へ→



Copyright © 2009 Active Consulting. All rights reserved