成果があがる、実績が高まる 営業研修なら何でもご相談下さい

営業関連法律7 株式会社アクティブ・コンサルティング

営業研修 > 

営業関連法律一覧 > 

景品表示法

営業関連法律7 景品表示法

営業関連法律7 景品表示法

◆景品表示法

景品表示法は、正式には不当景品類及び不当表示防止法といいます。独占禁止法を補 完するもので、公正取引委員会の管轄の下、公正かつ自由な競争を維持するための法 律です。具体的には商品やサービスを販売する際の広告やキャンペーン活動で、虚偽 または誇大な広告の表示などを禁じています。また、景品表示法では、懸賞などの価 格に対する景品類が定めれらています。

◆景品表示法に定められた景品の限度額

・一般懸賞で取引価額5000円未満:景品類の最高額は取引価格の20倍、 景品類の総額の限度額は景品に係る売上予定額の2%
・一般懸賞で取引価額5000円以上:景品類の最高額は10万円、 景品類の総額の限度額は景品に係る売上予定額の2%
・共同懸賞:取引額に関わらず景品類の最高額は30万円、 景品類の総額の限度額は景品に係る売上予定額の3%
・総付景品で取引価額1000円未満:景品類の最高額は200円
・総付景品で取引価額1000円以上:景品類の最高額は取引価額の2/10

景品表示法について

景品表示法に定められた景品の限度額についての定めは、あくまでも購入者のみを対象 とする懸賞に関する規定です。これをクローズド懸賞といいます。対象が購入者かどう かを問わない場合には、金額に関する規定は適用されません。これをオープン懸賞とい います。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい






  営業研修の
  お問合わせ

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   営業研修の特徴

・営業研修一覧

・業界別営業研修

・営業研修5大特長

・営業サポート内容

・参加者の感想

   営業研修の知識

・セールストーク

・営業戦略

・営業診断リスト

・営業研修技法

・営業関連の法律

・営業研修用語

   営業研修の要点

・営業管理者の心得

・営業研修の心理学

・営業研修の強化

・営業活動の効率化

・同行営業研修

   営業アドバイス

・営業アドバイス一覧1

・営業アドバイス一覧2

・営業アドバイス一覧3

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・ご挨拶

・アクセスマップ

・ご依頼から実施までの手順


←営業関連法6へ

営業関連法律8へ→



Copyright © 2009 Active Consulting. All rights reserved