成果があがる、実績が高まる 営業研修なら何でもご相談下さい

営業関連法律6 株式会社アクティブ・コンサルティング

営業研修 > 

営業関連法律一覧 > 

製造物責任法

営業関連法律6 製造物責任法

営業関連法律6 製造物責任法

◆製造物責任法

製造物責任法は、通称PL法とも呼ばれ、製品に欠陥があったことが原因で、消費者 の生命や身体、財産に被害が及ぶような事故が発生した場合に、利用者が製造者に対 して損害賠償を容易にできるようにした法律です。民法の特別法という位置づけにな ります。輸入品の場合は、輸入業者が対象になります。

◆製造物責任法における製品の欠陥は、次の3種類となります

・製造上の欠陥
・設計上の欠陥
・指示・警告上の欠陥

製造者に損害賠償請求を行う場合は、製品の欠陥と損害の間に因果関係があること が条件となります。

製造物責任法について

最近の事例では、携帯電話をズボンのポケットに入れたまま、うたた寝をして、やけどを して訴えたケースがあります。地裁では製造物責任はなし、高裁では製造物責任はありと 判定されました。このように、どこまで製造者が責任を負うかの判定は難しい問題です。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい






  営業研修の
  お問合わせ

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   営業研修の特徴

・営業研修一覧

・業界別営業研修

・営業研修5大特長

・営業サポート内容

・参加者の感想

   営業研修の知識

・セールストーク

・営業戦略

・営業診断リスト

・営業研修技法

・営業関連の法律

・営業研修用語

   営業研修の要点

・営業管理者の心得

・営業研修の心理学

・営業研修の強化

・営業活動の効率化

・同行営業研修

   営業アドバイス

・営業アドバイス一覧1

・営業アドバイス一覧2

・営業アドバイス一覧3

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・ご挨拶

・アクセスマップ

・ご依頼から実施までの手順


←営業関連法5へ

営業関連法律7へ→



Copyright © 2009 Active Consulting. All rights reserved