成果があがる、実績が高まる 営業研修なら何でもご相談下さい

成功しても失敗しても原因を分析する 株式会社アクティブ・コンサルティング

営業研修 > 

営業アドバイス一覧1 > 

営業アドバイス6

アクティブ・コンサルティング営業アドバイス6

成功しても失敗しても原因を分析することが重要です

◆営業に失敗するには、必ず失敗に至る原因があるはずです?!

物事には、必ず因果関係があります。つまり、営業に成功したときには、成功に結びつ いた原因があり、その逆に営業に失敗したときには、失敗に結びついた原因があるの です。大事なことは、成功、失敗の結果が出たときに、成功しても、失敗しても、その 原因を「なぜ?」、「なぜ?」、「なぜ?」と考え続けることです。そして、必ず自分 なりの、「これが原因だと思う」という結論を出しておくことです。

住宅営業の営業社員を例にとってご説明しましょう。例えば、モデル棟接客で、いつも 逃げられるという人は、必ず逃げられるに至る原因があるのです。まず要素に分析し てみます。最初の挨拶はどうでしょうか。お客様は、「家などまだ建てる気はないけれ ど、遊びに来ただけだ」とおっしゃられる人が多いと思います。本当にそうでしょうか。 忙しい中、実際には、家を建てる気がある人のほうが多いと思います。それでは、なぜ このような言葉を口にするのでしょうか。それは、強引に売りつけようとする営業社員に ひっかかりたくないという警戒心が働いているからなのです。

そこで、あなたが失敗した原因を推測してみます。挨拶が固く、お客様とフレンドリーな 雰囲気を作ることができなかったのではないでしょうか。心理学では、鏡の法則などと 言われていますが、あなたがお客様のことを大好きになり、心から会うのを楽しみにして お出迎えして、挨拶をすれば、相手も打ち解けてくれる可能性が高まります。まず、最初 の挨拶の改善に全力をあげて取り組んでみます。このステップの課題をクリアできるよう になるまで、努力を続けます。

◆モデル棟営業では、失敗の原因は案内説明に終始していることが多い

挨拶は何とかできるようになって、打ち解けたフレンドリーな雰囲気を作ることには成功 しました。そして、そのお客様に対し、モデル棟のすみずみまで一生懸命に案内して、 説明したのだけれど、結局は何も進展しないまま。お帰りになってしまいました。こんな 営業社員も多いかもしれません。

果たして、どこがいけなかったのでしょうか。モデル棟接客での最大の間違いは、説明 に終始してしまうことです。ほとんどの住宅会社は、この間違いに気がついていないの です。そのために、営業社員に対して住宅を詳しく説明する話法を教えています。しか し、これでは、販売に結び付くような進展はできないのです。せっかくフレンドリーな雰 囲気を作ることができても、ただモデル棟を案内して、詳しい説明をしていているだけ ではダメなのです。

それでは、どうしたらよいのでしょうか。それは、ひとことで言うと、着座接客に持ち込む ことです。モデル棟をすみずみまで案内して回るのではなく、いかにしていち早く着座 してもらえるかに心を配る必要があります。これができると、成功の確率が数ポイント 高まります。アクティブ・コンサルティングの住宅営業研修では、着座してもらうための 方法を具体的に教育いたします。

※上記の記事の無断転載は固くお断りします。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい






  営業研修の
  お問合わせ

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   営業研修の特徴

・営業研修一覧

・業界別営業研修

・営業研修5大特長

・営業サポート内容

・参加者の感想

   営業研修の知識

・セールストーク

・営業戦略

・営業診断リスト

・営業研修技法

・営業関連の法律

・営業研修用語

   営業研修の要点

・営業管理者の心得

・営業研修の心理学

・営業研修の強化

・営業活動の効率化

・同行営業研修

   営業アドバイス

・営業アドバイス一覧1

・営業アドバイス一覧2

・営業アドバイス一覧3

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・ご挨拶

・アクセスマップ

・ご依頼から実施までの手順


←営業アドバイス5

営業アドバイス7へ→



Copyright © 2009 Active Consulting. All rights reserved