成果があがる、実績が高まる 営業研修なら何でもご相談下さい

営業研修技法5インバスケット 株式会社アクティブ・コンサルティング

営業研修 > 

営業研修技法一覧 > 

営業研修技法5

営業研修技法NO5 インバスケット

インバスケットの特長

インバスケットの注意点

営業研修技法のご説明をします

インバスケット(In Basket)は、ケーススタディの一種ですが、通常のケーススタデイによる技法 とはかなり異なり、管理者に限定した特殊な技法ですので、ケーススタディから独立した1つの 営業研修技法として取り扱われています。インバスケットの名称の由来ですが、机の上に置かれて いる未決の書類を入れる箱のことです。歴史は古く、1952年にブリンストン大学のフレデリク センが教育訓練効果の測定手段として開発しました。

インバスケットを実施するには、綿密な準備が必要です。先ず研修の第1段階として、リーダーから 20〜30種類の課題を与えられます。その形式も多様なもので、手紙、メモ、伝言、メール、報告 書などさまざまなものです。出所も上司から、部下から、得意先からなど多様にしておきます。課題 を与えられた参加者は、特定の職位の管理者という立場で、出張から戻ったばかりという場面設定で 2〜3時間の限定された時間の中で、これらの課題に優先順位をつけて処理していきます。

インバスケット方式は、アメリカでは管理者への昇進テストや管理者研修などでかなり実施されて きた技法ですが、日本では手間がかかるためか、あまり普及していません。実力主義になり、管理 者にもスピード感が求められる時代になりましたので、アクティブ・コンサルティングとしても、 今後はクライアントの皆様と協力して、前向きに取り組んでいきたいと考えております。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい






  営業研修の
  お問合わせ

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   営業研修の特徴

・営業研修一覧

・業界別営業研修

・営業研修5大特長

・営業サポート内容

・参加者の感想

   営業研修の知識

・セールストーク

・営業戦略

・営業診断リスト

・営業研修技法

・営業関連の法律

・営業研修用語

   営業研修の要点

・営業管理者の心得

・営業研修の心理学

・営業研修の強化

・営業活動の効率化

・同行営業研修

   営業アドバイス

・営業アドバイス一覧1

・営業アドバイス一覧2

・営業アドバイス一覧3

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・ご挨拶

・アクセスマップ

・ご依頼から実施までの手順


←営業研修技法4ケーススタディへ

営業研修技法6戦略思考開発法へ→



Copyright © 2009 Active Consulting. All rights reserved